みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

哀悼とは?「哀悼の意を表します」の使い方を解説!追悼との違いも

哀悼とは?「哀悼の意を表します」の使い方を解説!追悼との違いも

哀悼は弔電などに主に用いられる言葉であり、特に人の死に対しての嘆き悲しみを表現する意味合いを持ちます。
この記事では哀悼の意味も踏まえつつ、類似した言葉である追悼との違いの他に、よく哀悼として用いられる「哀悼の意を表します」などの使い方に関しても文例を示しながら解説を行ってきます。

この記事の結論

  • 哀悼とは、故人が亡くなって悲しい気持ちを表す言葉です。「哀悼の意を表します」は書き言葉で弔電などに用います。

  • 哀悼のよく似た言葉に追悼にがありますが、故人の生前を思い返してその死を悲しむ、という意味があります。

  • ❓ 哀悼とは?

    ある方の死に対し心を悼め、その死を悲しむ事を指します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 哀悼と追悼の違いは?

    双方、人の死を悲しむ意を持ちますが、追悼は行動に焦点が向けられる一方、哀悼は感情面に注視がされてます。そのため、追悼式という用いられ方はしますが、「追悼の意を示します」という書き方は用いられません。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 哀悼の意を表しますの使い方は?

    基本的に「哀悼の意を表します」は文語であり、話し言葉としては用いません。主に弔電を送る際等に用いるようにして下さい。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 「哀悼の意を表します」の話し言葉は?

    「哀悼の意を表します」は基本的に書き言葉であり、話し言葉としては用いません。話し言葉で用いる際には「お悔やみ申し上げます」等を用います。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部