みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

骨上げで行う箸渡しとは2人で行い不揃いの箸を使う!注意点も解説

骨上げで行う箸渡しとは2人で行い不揃いの箸を使う!注意点も解説

今回は箸渡しについてご紹介します。
箸渡しは故人との本当に最後のお別れの場です。

いざ行うとなった時に困らないよう、箸渡しに関する基本的な知識から由来、注意すべき点まで理由付きで丁寧にご説明します。
意味を理解しながら行うのと、そうではないのとでは気持ちの持ち方が全く異なってきます。

きちんとしたマナーを身につけ、心安らかに故人を見送りましょう。

この記事の結論

  • 箸渡しは火葬後、2人で箸を使い骨壺に遺骨を入れる作業を指す言葉です。箸で掴んだ骨片を他の人の箸に渡すことも指します。

  • 箸渡しでは2人1組になり、係員の指示に従って進めます。関東では全て、関西では一部の遺骨を収めます。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部