みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

香典を有志で出す時の相場や書き方!注意点や香典返し不要の伝え方も

香典を有志で出す時の相場や書き方!注意点や香典返し不要の伝え方も

職場の同僚や学生時代の友人がなくなった時には、有志で香典を出すことがあるでしょう。その際の金額の相場や香典袋の書き方で注意しなければならない点はあるのでしょうか。
また、遺族の負担を考えて香典返しを不要とすることがあるかもしれません。そのような時はどのように伝えるのがよいのでしょうか。
ここでは、これらの点について解説します。

この記事で解決される疑問

  • 有志で香典を渡す場合の相場は?

  • 有志で香典を渡す時の書き方は?

  • 有志で香典を渡す時の中身は?

  • 有志での香典を渡すタイミングは?

  • ❓ 有志で出す香典の相場は?

    相場は有志1人あたり1000円から3000円です。故人との関係によって金額は変わります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 香典を有志で出す場合の書き方は?

    名前は3名までであれば連名で書きます。しかし、3名以上の場合一同と書いてまとめ、別の紙に全員の住所・氏名・金額を記載します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 香典を有志でもらった場合の香典返しは?

    友人の有志の場合は半分の金額のものを香典返しとして送ります。住所が分からない場合や部署の有志の場合は菓子類を代表者に送ります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 有志の香典を包む際のマナーは?

    薄墨を使用し、人物が描かれていない方が封筒の裏面に来るようお札を入れます。また、新札は折り目を付けて用います。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部