みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

【図解】夏のお通夜の服装を女性・男性・子供別に解説!半袖はNG?

【図解】夏のお通夜の服装を女性・男性・子供別に解説!半袖はNG?

夏にお通夜があった際に、ついつい法事の内容に気を取られがちですが服装に関しても悩むこと間違いないでしょう。
服装を正しく選択し、着用することはマナーとして必ず心掛ける必要があります。
親族が揃う中で恥をかくことがないようにも、故人に粗相がないようにも夏のお通夜の服装を今一度確認してみましょう。

この記事の結論

  • 夏のお通夜ではブラックのスーツ・ワンピース・ストッキングなどを着用します。シャツなどは半袖でも問題ありません。

  • ❓ 夏のお通夜の服装のマナーは?

    喪主は弔問客よりも格式高い喪服を着用します。そのため喪主は準喪服より上、弔問客は準喪服より下を選ぶと良いでしょう。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 夏のお通夜に適した大人の服装は?

    シャツは白・半袖でも問題ないですが、黒のジャケットは着る必要があります。また、暑い場合も薄手のストッキングを着用する必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 夏のお通夜に適した子供の服装は?

    幼い場合は半袖のシャツや黒のワンピースを着用しましょう。制服がある場合は紺や黒の制服を着用するようにします。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お通夜で夏の服装として可能な平服を着用可能なのはいつまで?

    大きな決まりはありませんが、衣替えに合わせて6月から10月にかけて着用すると良いでしょう。自身の体感温度によって調節することができます。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部