みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

新聞のお悔やみ欄とは?誰が記載される?死亡広告との違いや注意点も

新聞のお悔やみ欄とは?誰が記載される?死亡広告との違いや注意点も

新聞にはお悔やみ欄のスペースがあります。いろいろな人が乗っていますが、誰が掲載せれるのかご存じですか。また、一般人でも掲載可能なのか解説したいと思います。他にも掲載内容が似ている「死亡広告」との違いや掲載する時の注意点なども詳しく解説します。

  • ❓ 新聞のお悔やみ欄とは?

    新聞を見ている多くの故人の親族・関係者に対し訃報を伝えるためのスペースを指します。連絡を取りづらい相手にも伝えるための手段となっています。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 新聞のお悔やみ欄を利用する方法は?

    新聞社に故人の名前・生年月日・享年・葬儀の日程と場所・喪主の名前と住所を伝えることで利用できます。朝刊の欄に記載されます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 新聞のお悔やみ欄を使う時の注意点は?

    多数の人の目に触れるため、個人情報が悪用される可能性があることに注意が必要です。特に詐欺や窃盗に注意しなければいけません。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 新聞のお悔やみ欄で個人情報を公表したくない時はどうする?

    社葬を利用することで、会社の情報を載せることができ個人情報を公表せずに知らせられます。創業者などが亡くなった時に執り行う形式です。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部