みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

東京都八王子市の人気の納骨堂4選!価格やアクセスも解説【納骨堂|永代供養墓】

八王子市にある納骨堂のアクセスやおすすめポイントを紹介しています。
納骨堂とは何かや、納骨堂に限らずおすすめしたい八王子市の霊園についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

そしてこの記事では、終活カウンセラーがおすすめする納骨堂選びのコツについても詳しく紹介しているのでよろしければ参考にしてください。

東京都八王子市の人気の納骨堂4選!価格やアクセスも解説【納骨堂|永代供養墓】

八王子市の納骨堂を選ぶポイント

みんなの終活編集部 藤田
みんなの終活編集部 藤田

終活カウンセラーの資格を持つ、みんなの終活編集部の藤田が、八王子市の納骨堂、八王子市近郊の納骨堂を選ぶポイントを紹介します!

納骨堂とは

CV_ISEO 納骨堂

納骨堂とは、 故人のご遺骨を収めることのできるスペース のことを言います。
納骨堂は 屋内 にあることが多く、 1つの建物に多くの納骨場所 を備えています。

ロッカー型の納骨堂 をはじめとして、 仏壇型の納骨堂位牌型の納骨堂 など様々なタイプの納骨堂が作られています。
1つの納骨スペースに 夫婦や家族単位 でも納骨することができます。

納骨堂は屋内にあることがほとんどなので、 天候の良し悪しを気にすることなく お参りすることが可能です。
また、雑草の処理などの 細かな手入れが必要ない ので、楽にお参りすることができます。

八王子市の霊園を選ぶポイント

ここからは、八王子市の霊園を選ぶ際のポイントについて解説していきます。
主なポイントは、立地と霊園の設備や施設です。

  • 八王子市の立地
  • 霊園の施設・設備

八王子市の立地

八王子市は東京都西部の多摩地方に位置しています。
都心へのアクセスは良く、八王子駅から中央線を利用すれば新宿駅まで30分程度で到着することが出来ます。

また、大学が多くあり留学生も多くいる大学都市でもあるベッドタウンとなっています。

みんなの終活編集部 藤田
みんなの終活編集部 藤田

お墓を選ぶにあたり、立地は非常に大切なポイントになります。
今後お墓参りに行く事も考慮して、親族でしっかり話し合って決めるようにしましよう。

霊園の施設・設備

霊園を選ぶ際には、施設や設備がどの程度充実しているかも大事なポイントとなってきます。
代表的な設備としては、バリアフリー仕様になっているか、売店があるか、トイレがあるか、といった点です。

また、個人によって重視する設備が異なるので自分自身が納得できる設備や施設を持った霊園を選ぶのをお勧めします。

みんなの終活編集部 藤田
みんなの終活編集部 藤田

お墓参りのしやすさはお墓選びで大事にするべきポイントです。
歳を重ねていくと、どうしても急な階段や坂を登ることは辛くなってくる為、バリアフリーの霊園やお線香・お花が現地で購入できるお墓を選んでみてはいかがでしょうか。

納骨堂のメリット・デメリット

納骨堂のメリットは、お墓や必要以上の区画を必要としないため、経済負担の少ない場所が多い点です。
また、永代供養農地の一つであるため、お墓の継承者が不要な点も子供に負担をかけたくないという方にとってはメリットになります。

一方、納骨堂は基本的に一定の期間を過ぎると合祀墓に埋葬され、そこで供養が行われるようになります。
お墓を継承できないという点がデメリットと言えるでしょう。

気になるお墓の現地見学に行こう

霊園・墓地の購入する前に、ぜひ一度気になる霊園に 現地見学 に行かれる事をおすすめします。
実際に行ってみると、 霊園の雰囲気 や区画によるお墓参りのしやすさの違いなどが多々あるため、足を運んでみてください。

みんなの終活のお墓探しでは、気になる お墓の資料請求 から 現地見学の予約 までを、簡単に行えるので是非ご利用ください。

みんなの終活のお墓探し

八王子市のおすすめ納骨堂

心源院 のうこつぼのおすすめポイント

心源院 のうこつぼは 静かで落ち着いた雰囲気 の納骨墓です。
都心から比較的離れているので、 自然豊か開放感のある 雰囲気の中でお参りをすることができます。

この納骨墓では 永代供養 が約束されています。
そのため、お墓の後継者を持たない方や、自分の子供や孫にお墓についての心配をさせたくないという方には非常におすすめします。

納骨墓を管理している心源院は 伝統ある寺院 として地域の中でも有名で、歴史を感じることができます。
寺院による徹底した管理 が維持されているのでとても安心です。

おすすめポイントまとめ
  • 自然豊かで開放感のある雰囲気
  • 永代にわたり供養されるので安心
  • 伝統ある寺院の徹底した管理
心源院 のうこつぼの詳細を見たい方はこちら

八王子市の納骨堂以外のおすすめ霊園

これまで、八王子市のおすすめの納骨堂を紹介してきました。
続いて、八王子市にあるおすすめの霊園を紹介していきます。
好立地で利用しやすい霊園を厳選したので、ぜひ参考にしてみてください。

風の丘 樹木葬墓地のおすすめポイント

風の丘 樹木葬墓地は 自然豊か な場所に位置している墓地です。
風通しの良い広々とした園内 はまるで 公園 のようで、開放感を感じることができます。

この霊園へは 最寄駅から徒歩7分 ほどで行くことが可能です。
多くの路線が通る 「八王子駅」からも徒歩圏内 なので、自分の行きやすいルートを使って行くことができます。
駐車場 も備えているので、車でお越しの際も安心です。

この霊園では、 「水・地・円」 を示すことで故人への供養により深い想いを込めています。
例えば、止まる事なく流れ行く 人の輪廻 を表現しています。
墓地の細かな作りにまで配慮して丁寧に作られた霊園となっています。

おすすめポイントまとめ
  • 自然豊かで風通しの良い霊園
  • 駅徒歩7分で車でもアクセス良好
  • 深い思いの込められた設計
風の丘 樹木葬墓地の詳細をみたい方はこちら

風の丘 樹木葬墓地の口コミ

女性 50代

片倉駅より徒歩7分とご年配の方だとし越し厳しい距離にあります。公共交通機関が充実していないですが、23区からは車で簡単に出向くことができます。

女性 50代

墓地のそばに大きな建物があり、そこで集まりや食事ができるので落ち着いてお参りできます。また、周りは林が多く、養鶏場もありましたが、のんびりした環境だったので、心が和む。空気がきれいです。

女性 40代

樹木葬なので、木々がとてもきれいに管理されていました。花の咲く樹木がないので、少し寂しい気もしましたが、木々の緑がさわやかでした。

風の丘 樹木葬墓地の詳細を見たい方はこちら

西東京墓苑のおすすめポイント

西東京墓苑は 童謡の「夕やけこやけ」 をイメージして作られた 自然豊かなガーデニング墓地 です。
園内には外国を連想させるおしゃれな装飾が多く施されており、 明るく洗練された雰囲気 となっています。

この霊園では 自身のニーズにあったお墓 を多様なお墓の中から選ぶことができます。
一般墓に関しては、 和型や洋型のお墓 の中から自分好みのスタイルを選ぶことが可能です。
また、 「おもいでの樹」という樹木葬墓地「ふれあいの樹」と言う永代供養墓 も提供しています。

霊園内には 法要施設や売店 があり、気軽に使うことができます。

おすすめポイントまとめ
  • 夕焼け小焼けをイメージしたガーデニング霊園
  • 和洋の好きな形式のお墓を選べる
  • 充実した施設と設備
西東京墓苑の詳細を見たい方はこちら

西東京墓苑の口コミ

男性 40代

施設内に休息所もあり、食事も割とおいしいものが提供され、法要施設や会議室等もあるので、関係者を招いて相談もできます。

女性 40代

JR高尾駅からバスで15分ほどなので、それほど不便でないし便も15分間隔くらいなのでちょうどよい距離です。

男性 50代

霊園の区画が広いわりに整備・清掃されていて、遠くに墓所がある人には園内バスも用意されていて、利用者に親切な感じになっています。

西東京墓苑の詳細を見たい方はこちら

八王子市のその他のおすすめ霊園

八王子市には、これまで紹介してきた霊園以外にもおすすめしたい霊園がたくさんあります。
下記のリンクでは、 八王子市のおすすめの一般墓 だけでなく 樹木葬公営霊園 も紹介しています。
ぜひ下記リンクから霊園を探してみてください。

【東京都内】八王子市周辺のおすすめ納骨堂

ここからは、八王子市周辺にあるおすすめの納骨堂を解説していきます。
今回は東京都日野市の新しい霊園の概要を紹介します。

日野宿 みちの墓苑のおすすめポイント

日野宿 みちの墓苑は東京都日野市に位置する民営霊園です。
JR中央本線の「日野駅」から徒歩8分で行くことが出来て アクセスが良いです。

また、園内はバリアフリー対応で車いすの方でも安心して移動することが出来ます。
日野宿 みちの墓苑では 樹木葬と預骨施設のプランを取り扱っており 、どちらのプランも宗教不問で多くの人が利用出来ます。

おすすめポイントまとめ
  • 駅徒歩8分のアクセス良好な立地
  • 安心のバリアフリー設計
  • 数種類のプランから適したものを選べる
日野宿 みちの墓苑の詳細をみたい方はこちら

ここまで日野市の納骨堂について解説してきましたが、さらに日野市の納骨堂について知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

八王子市のお墓探しに役立つ情報

霊園タイプの割合

タイプ別お墓内訳(東京都)

東京都には全国の約8分の1ほどのお墓が存在していますが、その内訳は都道府県によって異なります。
一般墓・納骨堂・樹木葬が占める内訳について見てみると、全国では9割を一般墓が占めているのに対して、東京都では8割程度となっています。

それに伴って、一般墓以外の納骨堂と樹木葬の占める割合が大きくなっているのが見て取れます。
納骨堂の天候に左右されないという特徴や、狭い敷地面積の中で縦に数を増やすことのできる特徴が、東京都によく合っているのだと考えられるかもしれません。

タイプごとの平均価格

タイプ別お墓費用(東京都)

お墓の費用についてタイプ別に全国と東京都を比較してみると、東京都はどのタイプのお墓においても全国平均に比べて高くなっていることが見て取れます。
一般墓や樹木葬に関しては20万円前後の差となっていますが、納骨堂に関しては50万円程度と大きな差が存在しています。

これには、東京都の地価はもちろん、東京都に存在する納骨堂の需要の高さも影響していると考えて良いでしょう。

【図解】八王子市での墓地購入までの流れ

一般墓購入までの流れ

一般墓の契約をする流れは以下のようになります。

  1. 入りたい霊園を探す
  2. 資料請求や見学をする
  3. 墓石や区画を決定する
  4. 契約する

順を追ってご紹介します。

1.入りたい霊園を探す

まずは、 希望に合う霊園を探しましょう。
霊園を選ぶ基準として、次の4つが挙げられます。

  • アクセス方法
  • 設備の内容(駐車場・お参り用売店・法要施設などの併設・バリアフリーなど)
  • 景観(山や海など自然が見えるか、綺麗な環境にあるか)
  • 口コミ

利便性を重視するか、景観などを重視するかなど希望で絞り込みましょう。

2.資料請求や見学をする

希望の霊園が絞り込めたら、 資料請求や見学を行いましょう。
資料請求や見学の際にチェックしておくことの例として、次の項目があります。

  • 費用(初期費用に加えて定期的にかかる費用、支払い方法など)
  • 契約内容
  • どんな墓石が建てられるか
  • 周辺施設(会食できる場所があるか、など)
  • 施設は使いやすいか(トイレなど共同で使用する場所の衛生、スタッフの人柄や対応)
  • 霊園の土地の特徴(日当たりや水はけなど)
  • 指定石材店について

その他疑問に思うことは遠慮なく管理者に確認しましょう。

また、見学の際、 メジャーで区画を測ったり、デジカメで撮影しておいたり もおすすめです。

3.墓石や区画を決定する

希望の霊園のめどがついたら、 墓石や区画を選びます。

  • 墓石の種類(材質や色、石の産地など)
  • 墓石デザイン(和型や洋型、低床型、カロートの位置など)
  • 彫刻文字(家系苗字、家紋、宗派で決められた言葉、故人が好きだった言葉など)
  • 区画の広さや位置

上記が選考基準です。
霊園での規定も考慮して決めます。

4.契約する

一般墓を建立するために、契約の際に必要な書類は以下のものです。

  • 埋葬許可証(故人を火葬後に、火葬場より発行されます)
  • 戸籍謄本
  • 戸籍抄本
  • 住民票
  • 印鑑登録証明書
  • 墓地使用許可書(霊園や墓地の運営者より発行されます)
  • 工事届(石材店より発行されます)

契約は石材店の方が案内してくれますが、多くの書類が必要になりますので心しておきましょう。

また、料金の支払いに関しては石材店にもよりますが、一部を内金として支払うことが多いです。

八王子市のお墓探しでよくある質問

八王子市には、たくさんのお墓がありますが、ここでは、八王子市でのお墓探しでよくある質問に関して、多数取り上げてみました。ぜひ、八王子市でのお墓探しに役立ててみてください。

  • 八王子市で人気の納骨堂は?

    八王子市で人気の納骨堂霊園は、心源院 のうこつぼです。
    八王子市の霊園一覧はこちらをご覧ください。

  • 八王子市でのお墓探しのコツは?

    お墓を探す際は、設備やアクセス・費用・周辺施設をチェックするようにしてください。
    起伏のある場所もあるので、特にアクセスなども注目してお墓探しをしましょう。
    八王子市のお墓をもっと詳しく

  • 八王子市の交通事情は?

    車では、横浜から川越まで続く国道16号線も通っており、 神奈川・埼玉の両県からのアクセスも抜群 です。
    また、電車ではJR八王子駅には中央線・横浜線・八高線が通り、公共交通機関での移動も便利です。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部