みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

京都府の墓じまいの費用は?行う流れや改葬先についても紹介

ライフスタイルの多様化で、京都府でも墓じまいを検討する人が増えてきています。
京都府で墓じまいをするにはどのような方法があって、費用はいくらくらいかかるのでしょうか。

様々な角度から墓じまいについてのご説明をしていきます。

京都府の墓じまいの費用は?行う流れや改葬先についても紹介

墓じまいとは

墓じまい

京都府でもお墓を閉める事を検討する人が増えているようです。
「自分が亡くなった後は、周りの人に迷惑を掛けたくない 」「高齢世帯で今後墓を守っていける人がいない」などの理由があります。

墓じまいとはいろいろな理由で今まで建っていたお墓を撤去してお墓に埋葬されていたご遺骨を他の方法で埋葬すること を言います。

京都府の墓じまいの費用

金額

墓じまいをするにも地域によって相場は大きく変わります。
ここでは 京都府の墓じまい についてお話ししていきます。

合計費用

京都府内の墓じまいにかかる費用の相場は 1平方メートルあたり5~10万円 といわれています。

内訳

京都府内の墓じまいの費用の内訳は以下の通りです。

内容 費用の目安
お墓の魂抜き
開眼供養
約3万円~
お墓処分 1平方メートルあたり
約9万円~
ご遺骨整理、処分 約2万円~

京都府で墓じまい後の改葬先

墓

京都府で可能で主な墓じまいの改葬先 をご紹介します。  

お墓の引っ越しをする

京都府内でも お墓を管理する施主の住まいから遠方だったり、施主が高齢で今あるお墓に頻繁にお参りすることが難しい場合 には、お墓を引っ越しすることを検討する方もいます。
施主などのお墓を管理する方の住まいの近所の墓地を探し、新たにお墓を購入して引っ越しを行います。

この場合、京都府内でも市区町村に 「改葬許可申請」 などが必要になります。

みんなの終活で『改葬先』を探す

お墓をつくらない

京都府では、お墓を作らないで墓じまいをする方法は主に 「永代供養」、「納骨堂に収める」、「散骨」、「手元で供養する」 があります。
永代供養はお寺や霊園に永代供養の費用を支払い、その後の供養などをお任せする方法です。

  1. 永代供養の場合
  2. 納骨堂に納める
  3. 散骨
  4. 手元供養する

永代供養の場合

永代供養墓

京都府内での永代供養は ご遺骨は他の方と一緒に永代供養墓などに納骨されます。
維持年間費などはかからないことが多く、費用は比較的安価な場合が多いです。

そのため、墓じまいをした後、新たにお墓を購入したり、個人で管理をする必要はありません。
ただし、永久に供養をしてくれるわけではなく、供養をしてくれる期間はお寺や霊園によって決められています。

他の方のご遺骨と合祀されてしまうため、後に 特定の人の遺骨だけを取り出すことはできません。
つまり、永代供養にした後で、何らかの理由で他の方法に変更するということはできないのです。

永代供養にする場合には、トラブル回避のためにも 親族でしっかり話し合い をしておきましょう。
なお、費用は各お寺や霊園により幅があります。

京都府内には永代供養ができる寺院、霊園が多くありますので、いろいろ比較検討することができます。

永代供養墓に関して、詳しくはこちらを参考にしてください。

みんなの終活で『永代供養墓』を探す

納骨堂に納める

納骨堂

京都府の納骨堂は室内にある場合が多く、 ご遺骨の収め方はロッカー式屋仏壇式 があります。
ご遺骨は個人単位、夫婦単位、家族単位で収めます。

納骨堂は一定期間個別に安置し、法要なども行いますが、その後は 合祀墓などで他の方のご遺骨と一緒に収められることが多い です。
一方で、代々受け継ぐことができるところもあります。

京都府内の納骨堂は年間維持費などが必要なところが多いです。
納骨堂は墓地などと比べて費用が比較的安価のところが多く、 希望者が多いため、抽選になってしまう 場合もあります。

京都府には寺院などで、墓じまいをした後、納骨堂が利用できるところがありますので、 比較して希望に合った納骨堂 を選びましょう。

納骨堂に関して、詳しくはこちらを参考にしてください。

みんなの終活で『納骨堂』を探す

散骨

散骨

京都府内では ご遺骨を細かく砕いて山や海に散骨する方法 もあります。
散骨専門の業者は散骨の方法ごとにあります。

海洋散骨は業者に代行依頼をして海に散骨する場合と、業者に船を手配してもらい、親族が海に散骨する場合があります。
どちらも 散骨証明書 を発行してくれるところが多いです。

後日親族が散骨した場所に供養に行けるサービスや、船を貸し切って散骨できるサービスがある業者もあります。
海洋散骨を扱っている業者は多く、業者ごとに散骨できるエリアがありますので、比較して希望に合った業者を選びましょう。

京都府から近い海に散骨できる業者もあります。
ただ単に散骨すると行っても手順がありますので、安易に自分だけで判断して散骨することはお勧めできません。

専門の業者に相談してお任せするのが一番安全な方法かもしれません。

散骨に関して、詳しくはこちらを参考にしてください。

手元供養する

墓じまいをした後、 ご遺骨を自宅などで供養します。
手元で供養しますので、亡くなった方を身近に感じることができます。

また、お墓を作らないので、費用が抑えられます。
手元供養をしているご遺骨をお墓に納めたい場合には、そのご遺骨が誰のものなのか証明する 「分骨証明書」 が必要となります。

京津府内でも 将来お墓などに納骨する可能性がある 場合には、「分骨証明書」がないと納骨ができなくなってしまいます。
手元供養をするなら、ご遺骨を取り出す際にお墓を管理している人から「分骨証明書」はもらっておきましょう。

手元供養に関して、詳しくはこちらを参考にしてください。

京都府の墓じまいの流れ

墓じまい 流れ

それでは京都府ではどのような流れで墓じまいをすればいいのでしょうか。

  • 親族の同意を得る
  • 行先を決める
  • お墓の管理者へ伝達
  • 改葬許可申請
  • お墓を解体する石材店の決定
  • お墓の撤去作業

親族の同意を得る

墓じまいをすると言うことは一族の心のよりどころがなくなると言うことも意味します。
近しい親族であっても、お墓に対する思い入れには温度差がある場合があります。

墓じまいを検討している場合には必ず、 親族の同意 は得るべきです。

行先決める

前述の通り、京都府では墓じまいの改葬先は いろいろな選択肢 があります。
しっかり話し合いをして親族全員が納得できる改葬方法に決めましょう。

お墓の管理者へ伝達

お墓の管理者はあなたの家のお墓、お墓の敷地を保守してきてくれたため、 あなたの墓じまいの意向に反対する場合があります。
早い段階より墓じまいについて検討をしている事を話していき、墓じまいをスムースに進められるように働きかけましょう。

京都府でも 市区町村の申請は、お墓の管理者の同意がないと許可が出ません
墓じまいの話を進める際にはお墓の管理者との意思の疎通が重要です。

改葬許可申請

京都府内の改葬許可申請には以下の書類、持参物が必要です。
申請書は窓口で受け取るか、多くの自治体ではHPなどからダウンロードできるようになっています。

  • 改葬許可申請書
  • 埋葬証明書
  • 受け入れ証明書
  • 申請者の印鑑

改葬許可申請書

京都府内でも必ず現在お墓のある市区町村の申請書を入手し、その市区町村に申請をします。
散骨の場合は申請書の記入方法が特殊ですので、依頼する業者に相談するか、自治体の窓口で必ず確認しましょう。

埋葬証明書

埋葬証明書は改葬する際に移動させるご遺骨が間違いなく本人のご遺骨であることを証明する大事な書類です。
そのため、申請者だけではなく、墓じまい前のお墓の管理者が署名・押印して間違いないことを証明してもらわないと許可が下りません。

受け入れ証明書

新しくご遺骨を受け入れてくれるところで証明書を書いてもらいましょう。

申請者の印鑑

申請者の印鑑は必ず持参しましょう。
申請者は一般的には墓地の管理をしている親族などが務めます。

お墓の解体をする石材店の決定

石材

京都府内でも墓じまいをするには今まで建っていた お墓の解体をしてくれる業者 を依頼しなければなりません。
京都府内では寺院や霊園によっては、指定の石材店がある場合もありますので、事前に必ず確認しておきましょう。

寺院や霊園に指定の石材店がない場合には、自分で石材店を探して契約します。
石材店を決める際には、実際に石材店に行って、担当の方と話をしてみるといいでしょう。

墓じまいの際の 墓石撤去には一般的に30万円程度が相場といわれています。
石材店を検討する場合には、必ず見積もりを取って撤去費用として妥当な金額かどうか確認をしましょう。

納得のいく石材店が見つかり、契約内容に問題が無ければ、契約をしましょう。

お墓の撤去作業

京都府内の お墓の撤去にも手順があります。
しっかり確認をしておきましょう。

  • 魂抜きの法要
  • ご遺骨を取り出す
  • 改葬先へご遺骨を移動する
  • 改葬先にご遺骨を納める
  • 石材店により墓石を撤去し、墓地を更地にする
  • 墓地を返却する

まずは僧侶によってお墓の 魂抜きの法要 をしてもらいましょう。
魂抜きをしたあと、ご遺骨を取り出します。

そして改葬先へご遺骨を移します。
墓地は契約した石材店で墓石を撤去し、更地にして返します。

京都府の墓じまい代行サービス

お墓掃除代行業者

京都府では多くの墓じまい代行サービス業者があります。
また、京都府では行政書士事務所や弁護士事務所でも墓じまいの代行サービスをしているところがあります。

契約内容によっては 行政への各種申請、改葬先の手配も代行 してくれるところもありますので、相談してみましょう。

墓じまいの代行に関して、詳しくはこちらを参考にしてください。

墓じまいもライフスタイルの選択肢の一つ

京都でもかつては墓じまいという選択肢を選ぶ人はそんなに多くはなかったように思います。
しかしながら、時代が変わって、 家族のあり方も大きく変化 してきています。

墓じまいをすることで、高齢の方の負担は大きく減少するかもしれません。
墓じまいをすることで、親と遠く離れて住んでいる子がお墓の管理などの心配をする必要がなくなる かもしれません。

いろいろな可能性を親族でしっかり相談して、 ベストな方法として墓じまいを決める こともまた、これから多くの人が選択するライフスタイルの一つとなっていくのではないでしょうか。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部