みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

密葬に香典は必要?費用相場とマナー、渡し方・タイミングを解説

密葬と聞いても自分とは縁遠い話だと思うまたは芸能人だけが行っているとお思いではありませんか。
実は一般の方でも密葬を行う人は意外と多くいます。

密葬には密葬を選ぶだけの事情があるため、よりマナーに気を付けなくてはいけません。
これから主に密葬の香典について詳しく解説していきます。

 密葬に香典は必要?費用相場とマナー、渡し方・タイミングを解説

密葬とは

密葬とは 参列者を限って周りに公表せず密かに行われる葬式 のことです。

密葬に具体的なイメージを持ってる人は少ないと思います。

もっとわかりやすく言うと親戚や親しい友人のみで行われる葬式のことです。

密葬はよく 家族葬 と混同されますが、密葬と家族葬は全くの別物で意味と内容が異なります。

家族葬とは親しい身内だけで行われる葬式のことです。

密葬と家族葬の共通点は以下の通りです。

  • 参列者を制限した葬式。
  • 一般の人からの認識が薄い。
  • 香典が必要か不明。
  • 小規模の葬式である。

ここまで明確な共通点があると混同してしまうことも納得してしまいます。
しかし、密葬と家族葬には大きな違いがあるのです。

密葬と家族葬の違い

密葬と家族葬の違いは以下の通りです。

  • 本葬式がある。
  • 故人にかなりの影響力があった
  • 多くの意味を含む
  • 周りに知らされない
  • 多額の費用

つまり 密葬とは本葬式を前提とした葬儀のことで、多くの方が参列するため準備に時間がかかるためそのまえに一部の方たちで行われる葬儀のこと です。

密葬に香典は必要?

疑問

密葬における香典について以下の項目に分けて解説していきます。

  • 密葬の香典は賛否両論
  • 本葬式では香典が必要

密葬の香典は賛否両論

密葬において香典が必要かどうかは賛否両論です。

  • 密葬であっても香典を喪主側から辞退されない限り香典は必要
  • 辞退されなくても遺族のことを配慮して香典は必要ない

以上のような意見に別れていますので、両方見ていきましょう。

香典は必要であるという意見

香典は本来、故人の霊前に供えるお香や花の代わりの金品のことを指します。
そして香典には不幸による急な出費への助けの意味も込められています。

なので、香典を渡すことで 喪主側を気遣う ことができるという意見です。

香典は不要であるという意見

参列者が香典を渡してしまうと喪主側は 香典返し を用意しなくてはいけません。

そのため香典を渡すことでかえって喪主側に負担をかけてしまう場合もあります。

このようにどちらの意見にも筋が通っているのでますます悩まされてしまいます。
もしどちらの意見も正しいと思うのであれば、香典を渡し香典返しは辞退すると喪主側の負担にもなりません。

参列者同士で話し合う

どうしても一人では決められない場合は、別の参列予定者などと話し合って決まると良いでしょう。

香典は地域や家庭ごとの事情により大きく異なりますので、密葬前に確認することをお勧めします。

喪主側が香典を辞退したら

もし喪主側が香典を辞退した場合には 喪主側の意思を尊重 し、香典を渡すのは控えるのよいでしょう。

喪主側にも香典を辞退する理由があるからです。

どうしても香典を渡したい方は十分に日が経ってから香典を渡すのがよいでしょう。
密葬は一般的な葬式と比べていろんな事情があり得るので故人や遺族の意思を尊重しましょう。

本葬式では香典は必要

本葬式は密葬とは異なり多くの方の参列が可能なため、香典を渡しても問題ありません。
むしろ香典を渡す方が多いようです。

本葬式は普通のお葬式と同じような認識ですので、香典や服装など基本的なマナーは適用されます。

密葬の香典の費用相場

香典を渡すことになった場合の香典の金額相場は下の表を参考にしてください。

密葬の香典の金額相場

関係 金額相場
親族 3万~5万
友人 1万~3万
同僚 1万~5万

密葬における香典の金額相場は普通の香典の金額相場と同様に、 香典を出す方と故人の関係 によって異なります。

上記の表からわかるように、 関係が近ければ近いほど金額相場が高くなっていきます。

ここで注意して欲しいのがこれらはあくまで金額の相場であり、香典に決まった金額というものはありません。

なので上記の表も 目安であり参考にする ということを忘れないでください。

密葬の香典のマナー

御霊前

密葬において香典を渡す際には以下の点に注意しましょう。

  • あくまで喪主側を尊重する。
  • 香典の表書き

あくまで喪主側を尊重する

密葬には選択するだけの事情があり得るため、喪主側の意思を尊重するようにしましょう。

よく密葬に参列されなかった方が、後日やのちの法要で香典を渡したいという場合も多くみられますが、故人や喪主側の気持ちを考えて香典は控えましょう。

表書きの書き方

密葬は遺族や親族そして親しい友人だけで行われることや本葬式を控えているため、 葬儀が比較的簡略化される傾向 にあります。

そのため宗派にこだわらない葬儀になる場合もあります。

ですので、香典袋には「御霊前」や「御香料」と書くようにしましょう。

密葬の香典の渡し方・タイミング

香典返し

密葬における香典の渡し方・タイミングについては以下の点から説明していきます。

  • 香典返し
  • 参列していない
  • 密葬と本葬の両方に参列

香典返し

参列者から香典をいただいた喪主側は香典返しを渡さなくてはいけません。
香典返しは喪主側に負担となりますので、密葬では香典返しを 辞退 するようにしましょう。

香典返しを辞退する場合は香典袋に「香典返しは遠慮します」などの趣旨の文を添えておくと良いでしょう。

参列していない

密葬に参列していないけど香典を渡したいという方が意外と多くいます。
一般的には 参列していない方は香典を控える のがマナーです。

それでもどうしても渡したいという方は必ず親族などに相談し、あくまで故人と喪主側の意思を尊重することを忘れないようにしましょう。

そして喪主側が香典を辞退した場合には香典を渡すのは控えるようにしましょう。

密葬と本葬両方に参列

密葬と本葬の両方に参列される方は香典をどちらで渡せばよいのか、または両方で渡すべきなのかと悩まれると思います。

一般的には 香典は密葬の際に渡します。

もし密葬に参列した際に香典を渡してある場合は、本葬では香典を渡す必要はありません。

ご遺族の意志を尊重した密葬の参列を

密葬は一般的な葬儀よりも細かいマナーが多くあります。

密葬という性質上、ご遺族の気持ちを最大限に尊重した立ち振る舞いが必要となるでしょう。

一般的ではない分、実際に経験するととまどうことも多いとは思いますが、一番大事なのは密葬の意味を正しく理解することでしょう。

密葬には密葬を行うにいたった喪主側の事情があるため、常に喪主側の意思を尊敬することを忘れないようにしましょう。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部