みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

カトリックの香典の書き方とは?注意すべき表書き・封筒を紹介!

生前親しくしていた方がキリスト教徒の場合、葬儀に参列する際の香典をどうしたらよいのかよくわかりませんよね。
またキリスト教では2大宗派、カトリックとプロテスタントがあります。

それぞれの教えや思想が異なっていますので、失礼が無いように、故人がどちらの宗派なのか予め理解しておく必要があります。
ここではカトリックの香典について詳しくお話します。

カトリックの香典の書き方とは?注意すべき表書き・封筒を紹介!

カトリックの香典の特徴とは

香典を渡す女性

元来、お香はカトリックの葬儀には供えません。
従って香典というものはありません。

しかしその代わりに 「お花料」として、香典と同じようにお金を包んで参列 します。

カトリックの香典袋の表書き

キリスト 香典

カトリックの香典袋の表書きには 「御花料」「お花料」 と書きます。
それ以外に「御ミサ料」や「御霊前」などを使用します。

なお、「御ミサ料」の使用頻度は大変低く、一般的には使われていません。
香典袋の表書きには、無難な表現を用いましょう。

カトリックの香典袋の種類・デザイン

香典 袋 キリスト

カトリックの香典袋には、一般的に 水引が無く、表の右上に十字架やユリの花を配した専用の袋 を使用します。
しかしながら、専用の袋は身近なコンビニやスーパーなどには置いていません。

そんな時には、 カトリックなら「御霊前」の袋 が使えます。
もしも入手できなければ、白無地の封筒を使っても構いません。

カトリックの香典の相場

お金 相場

香典として実際に包む金額ですが、常識的な相場ですので、特別な金額を想定する必要はありません。
基本的には、 故人との関係性や自身の地位や年齢などによって、包む金額が決まってきます。

ここでは故人との関係性と対比して、一般的な相場の平均値を一覧表にしています。

故人との関係 御花料の相場
3親等内の親族 5万円~10万円
3親等以上の親族(親戚) 1万円~3万円
知人 5千円~1万円

特に違和感がある金額ではないと思いますので、カトリックの葬儀で包む額の目安として下さい。

カトリックの香典袋は御霊前で代用できる?

香典

故人がカトリックの場合、香典袋が入手できない、または表には名前だけを自筆で書きたいのなら、代わりに 「御霊前」の袋 を使用します。
「御霊前」の香典袋なら、何処のお店にも置いてありますので助かりますね。

プロテスタントではなければ代用可能

前述の通り、プロテスタント福音派の場合は、「御霊前」が偶像を崇拝する異教の信仰を想起させるため、香典には不適切とされています。
しかし故人が 福音派以外なら、プロテスタントでも使える ので、事前に教派を調べておくと安心です。

一般に、キリスト教の葬儀は教会で行われます。
教会には何派に属するかが名前で分かる場合がありますが、大事な事なので不明な場合は、直接問い合わせてみて下さい。

黒白・銀白・黄白の模様か無地を選ぶ

香典 御霊前

カトリックの香典袋を購入する時には、 水引の無い香典袋 か、白無地の袋を選べば良いでしょう。
水引が付いた香典袋を選ぶ場合は、 黒白または銀白の袋か、地域にもよりますが黄白 を利用して下さい。

また高額の香典用として、高級感がある銀一色や白一色の香典袋も販売されています。
大型の文具店には置いてありますので、包む金額によって選択して下さい。

カトリックの香典袋の書き方・包み方

方法

香典袋の表書きに「御花料」や「御霊前」などが印刷されている場合は、その下に自分の名前を記入すれば準備完了です。
カトリックの香典袋として、 白無地などの袋を使用する場合は、上段に表書きを書いてからその下に自分の氏名を記入 します。

なお内袋には一般的な香典と同様、表に金額をそして裏には住所・氏名を書きます。
以下に記入する際の注意点などをまとめてみました。

  1. 薄墨の毛筆や筆ペンで記入する
  2. 表面の中央の下部に名前を記入
  3. 自身の名前は中央上部の字より小さめに
  4. 折り目のついたお札を使うと良い

薄墨の毛筆や筆ペンで記入する

カトリックの香典袋でも、 薄墨の毛筆か筆ペンで記入する とマナーに適っており、好ましいです。
しかしながら、急な事で毛筆や筆ペンが準備できなかった場合は、サインペンでも代用できますが、インクは必ず黒を使って下さい。

表面の中央の下部に名前を記入

カトリックの香典袋には、表書きの「御花料」や「御霊前」などが書かれていますが、下段中央には自身の氏名を記入します。
親戚縁者が多数参列することが多いので、必ず フルネームで記入 しましょう。

また内袋にも金額と住所・氏名を記すことが、葬儀の後の混乱を避けるためにも重要です。
遺族に余計な労力を極力使わせないために、必ず記入しておきましょう。

自身の名前は中央上部の字より小さめに

香典袋に名前を記入する場合は、 表書きよりも小さめの字で記入 して下さい。
また夫婦でカトリックの葬儀に参列する場合でも、一般的には夫の名前だけを記入します。

折り目のついたお札を使うと良い

カトリックの香典として包むお金は 新札ではなく、一度でも使ったお札が良い とされています。
新札の使用は突然の不幸なのに、予測して準備していたかのように見られるため、避けることが賢明です。

どうしても手元に新札しか用意できない場合には、 一度縦に折ってから内袋に入れる ようにしましょう。
なお、最近ではコンビニのATMで何時でもお金を入手できるため、新札かどうかをあまり気にしない人たちも増えてきました。

カトリックの香典の渡し方

49日に渡す香典

キリスト教の葬儀は、教会で行われます。
そこで香典を渡す時には、以下の流れになります。

  • 教会の入口付近で受付をする際に渡す
  • 故人との関係別に入れる箱が違う場合あり
  • 故人との関係によってお返しの品をもらう

教会の入口付近で受付をする際に渡す

カトリックに限らず教会の入口には受付があり、そこで香典を渡します。
受付は故人との関係別に、複数に分かれている ことが多いので注意しましょう。

故人との関係別に入れる箱が違う場合あり

受付が亡くなった人との関係別に分かれていたり、香典を入れる箱が異なっていたりしますので、必ずそれに従って受付をして下さい。
これは、 故人との関係によってお返しの品が異なっている ことがあるためです。

故人との関係によってお返しの品をもらう

カトリックでは、生前に参列者に渡す品物を決めるのは、特別なことではありません。
そのため 故人の遺言として、参列者に渡して欲しい品物が決まっている ことがよくあります。

故人の意向の品物ですから、受付でお返しの品を喜んで頂きましょう。

カトリックの香典袋の購入場所3選

コンビニ店

訃報を受けた時、カトリックの 香典袋はどこで買えばよい のでしょうか。
案外身近な場所に在りますが、代表的な次の3つの購入場所について紹介します。

  • 100均
  • コンビニ
  • 文具店

100均

100均には困ったことに カトリックの香典袋は在りません。

その場合は、故人がプロテスタント福音派でない限り、「御霊前」の袋があれば良いでしょう。
また白無地の袋も置いていますので、選択肢の一つとして検討して下さい。

コンビニ

100均とは異なり、取り扱っている香典袋の 種類はそんなに豊富ではありません。

香典袋の価格は、1万円以上を包む立派な袋は100均に比べて割高ですが、5千円程度が目安の袋は税込み100円未満とお得になっています。
コンビニにはカトリックの香典袋は無いので、「御霊前」の袋を購入しましょう。

文具店

文具店は規模によって品ぞろえが大きく異なりますので、ある程度大きなお店を想定してご紹介します。
専門の文具店または文房具店には、いろいろな香典袋が整っていますので、ここなら カトリックの香典袋も入手できます。

お店によりますが、香典袋の価格帯は幅広く、1000円以上の高価な物から100均並みの袋まで揃っていますので、包む金額に合わせて購入できます。

カトリックの香典返しとは?

香典返し

カトリックに限らず、キリスト教には 香典返しはありません
しかし、「お花料」などに対するお返しをすることが多くなっています。

  • 命日から30日目の追悼ミサの後に送る
  • 無地に黒白・黄白の水引の掛け紙を用いる
  • 掛け紙の上部には偲び草・志と記入
  • 掛け紙の下部には喪主の苗字かフルネームを

命日から30日目の追悼ミサの後に送る

カトリックの香典返しの時期は、 亡くなってから30日目の「追悼ミサ」の後 に、お返しをします。
またプロテスタントでは、 一月後に訪れる「昇天記念日」の後 に、香典返しをします。

無地に黒白・黄白の水引の掛け紙を用いる

カトリックの香典返しの品には、 「のし」が付いていない無地の掛け紙 を選びます。
そして水引には、「黒白」または「黄白」の結び切りを選びましょう。

掛け紙の上部には偲び草・志と記入

カトリックの香典返しでは、掛け紙上部に 「偲び草」や「志」と記入 します。

掛け紙の下部には喪主の苗字かフルネームを

カトリックの香典返しでは、掛け紙下部に 「喪主の名字」や「氏名:フルネーム」を記入 します。

【コラム】プロテスタントの香典の特徴

香典

一部に相違点がありますがプロテスタントの香典も、基本的にカトリックと同様です。

プロテスタントは香典袋の表書き

香典袋の一般的な表書きは「御花料」「お花料」です。
それ以外にプロテスタントでは「忌慰料(きいりょう)」や「御霊前」などを使用します。

但し亡くなった方がプロテスタント福音派の場合は、事情が異なります。
福音派では、 「御霊前」が偶像を崇拝する異教の信仰を想起させるため、不適切 とされておりますので使わないで下さい。

プロテスタントの香典袋のデザイン

香典袋は、白無地だったり、右上に十字架が書かれたものを使用します。
また福音派でなければ、「御霊前」の袋を使用することも、問題はありません。

カトリックの香典はルールが大事

慣れないカトリックの葬儀に参列する時、迷ってしまいがちな香典について解説してきました。
いかがでしょうか、思っていた以上に、 仏式に近い感じ ではないでしょうか。

決定的な違いは、香典を渡す際に お悔やみの言葉は使わない ということです。
その代わりに、 「ご連絡ありがとうございました」などとお礼を述べましょう。

また、ご遺族には「安らかに眠られますようお祈りいたします」などと声をかけます。
仏教的な思想ではお悔やみの言葉が大事です。

キリスト教では肉体は滅んでも魂が永遠のものになりますので、新たな希望の始まりとなります。

キリスト教と仏教などとの 宗教による死生観の違いを理解 して参列して下さい。
ここまで理解できたなら、後は列記したルールに従って行動すれば問題はありません。

これでカトリックの葬儀に列席する際に、香典で困ることは無くなれば幸いです。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部