みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

7回忌の服装を参列者側・喪主側で解説!家族のみの場合は?

故人が亡くなってから年月が経てば経つほど、法事・法要の服装が簡略化されていませんか。

実は7回忌にも意外と知らない服装のマナーがあるのです。

みんなでしっかりと故人を供養できるように当日の服装について解説していきます。

7回忌の服装を参列者側・喪主側で解説!家族のみの場合は?

そもそも7回忌とは?

カレンダー

7回忌(ななかいき)は 故人が亡くなって満6年たった命日に行う法事・法要 のことです。
年忌法要として、1周忌、3回忌に続き3回目のものとなります。

7回忌の法要はお亡くなりになられた年を含めて7年目の命日に行います。

もし仮に故人の命日に都合がつかない場合は 日程を先延ばしにするのではなく、前倒しにして日を決める ことが習わしです。

もっと7回忌について知りたい方はこちらも合わせてご覧ください。

【参列者側】7回忌での女性の服装

女性 平服

7回忌からの女性の服装は 平服での参列が可能 です。

しかし、ひと言に平服といっても疑問を持たれる方が多くいると思われます。

今回は7回忌の女性の服装について以下の4点を順に説明していきます。

  • 平服とは何か
  • パンツとスカートについて
  • 靴の制限について
  • 注意点

平服とは何か

一般的に平服とは日常の衣服または普段着とされていますが、法事・法要における平服とは 礼服・喪服ほどかしこまっていない服装 のことです。

「平服でお越しください。」という文には緊張せずにくつろいでもらおうという喪主側からの配慮などが込められていると言われています。

平服に関してはこちらをご覧ください。

パンツとスカートについて

7回忌では パンツでもスカートでもどちらでも構いません。

選択肢はこの2つだけではなく、ワンピースやアンサンブルも多く着られており、 全体的に暗めの色 でしたら構わないようです。

靴の制限について

女性 喪服 靴 解説

いくら平服といってもブーツや高めのヒール等は法事・法要の場にふさわしくないとされています。

7回忌では シンプルな黒のパンプス をお勧めします。

天候や気温によりあまりにも困難な場合は履き替えようの靴を持参し、 会場に着く前に平服用に履き替えるのであれば問題ありません。

注意点

7回忌などの法事・法要について意外と多くの方が忘れがちなのが、

  • ストッキング
  • 下着

です。

ストッキング

ストッキングも シンプルな黒のもの を履きます。
寒いときには黒のタイツやレギンスを履いてもいいでしょう。

また、ストッキングは伝線する場合があるので 替えのストッキングを用意しておく とよいでしょう。

ストッキングに関してはこちらを参考にしてください。

下着

女性はインナーの色も上着に合わせて 黒に統一 しましょう。

【参列者側】7回忌での男性の服装

男性 平服

7回忌は 男性も平服での参列が可能 です。

男性の服装は 黒のスーツに黒のネクタイ が基本です。
ただし、背広部分に切れ目がなく、光沢がないものを指します。

女性とは対照的にシンプルで細かな注意点がないようにも思えますが、実は男性にも

  • シャツの形と色
  • 靴について
  • ネクタイ

などの注意点があります。

シャツの形と色

シャツの形

夏場は半袖のワイシャツを着用して参列しても構いません。

しかし、7回忌であっても半袖のワイシャツのまま式に出ることはできませんので、 式中は必ずジャケットを着用 しなくてはなりません。

また胸元のあいた開襟シャツは好ましくありません。

シャツの色

シャツは 無地の白シャツ が基本です。
白シャツであっても織り柄や光沢のあるものは避けましょう。

シャツに関しては、こちらもご参考ください。

靴について

男性 喪服 靴

7回忌では基本的には靴も 地味でシンプルな黒のもの を着用します。
しかし、スニーカーやローファーはカジュアルすぎるので避けたほうがいいでしょう。

ネクタイ

基本的に式ではネクタイを着用します。
黒以外の色でも構いませんが、なるべく 地味で目立たないもの にしましょう。

そして ネクタイピンは外して 出席しましょう。
ネクタイに関しては、こちらもご参考ください。

【参列者側】7回忌での子供の服装

子供制服

7回忌は一般的には地味な普段着で良いとされています。

もし、子供が学生の場合は 学校の制服 での参加が基本です。

また用意があるのであれば、 男の子なら黒のブレザー女の子なら濃い色のワンピース が良いでしょう。

子供についても大人と同様に、 無地で暗めの服装 を心がけましょう。

靴は学校指定のものがない場合には白・紺・黒のシンプルなスニーカー等で構いません。

【喪主側】7回忌での女性の服装

女性喪服

通夜や告別式の時は喪主側が正式礼服を着るというマナーがありますが、喪主側の女性の服装も故人が亡くなってから年月が経つにつれて、簡略化していきます。

7回忌では喪主側であっても略礼服、つまり平服で問題ないです。

そしてストッキング、コート、アクセサリーなどのマナーは基本的に変わらないようです。

【喪主側】7回忌での男性の服装

喪服の男性

男性の和服の正式礼服には羽二重、平絽の黒無地の着物、仙台平そして博多平などがあり、洋装の正式礼服である黒のモーニングコートなどがあります。

しかし、喪主側の男性の服装も女性と同様に故人が亡くなってから年月が経つにつれて、簡略化されていきます。

7回忌の喪主側の服装は 黒のスーツが基本 とされ、細かな注意点も参列者側と変わりありません。

7回忌を家族だけで行う場合の服装

家族

故人がなくなってから年月が経つにつれて、家族や身内だけで法事・法要を行ってしまう場合があります。

特に7回忌では身近な人達だけでの法事・法要なら、カジュアルな格好でもいいのでは?と考えがちですが、身近な人達で行う場合も カジュアルな服装はマナー違反 となります。

7回忌でのアクセサリやーバッグの注意点

法事・法要の時は通夜やお葬式そして3,7回忌に関わらずいくつかのマナーがあります。

アクセサリー

アクセサリー

よく見かける一連のパールのネックレスのように、平服着用時のアクセサリーは なるべく控えめ なもので行くようにしましょう。

ただし 結婚指輪は着けていても構いません。

お化粧や髪形についてもできるだけシンプルなものが好ましく、ネイルや香水もつけないのが無難であるといえます。

7回忌については以下の記事を参考にしてみてください。

毛皮のバッグやコート

喪服 カバン

バッグについても同様に以下の記事を参考にしてください。

革靴

男性の場合

男性 喪服 靴

女性の場合

女性 喪服 靴 解説

革靴を履く場合もワニや蛇などの動物の革から作られた靴は殺生が連想されてしまうため、好ましくありません。

靴に関しては以下の記事を参考にしてください。

7回忌でNGな服装

49日の参列者の服装

一般的に法事・法要に参列する場合は喪服や礼服を選択されますが、7回忌では 平服での参列が望ましい とされています。

平服とは日常の衣服または普段着のことですが、法事・法要での平服とは、 喪服や準喪服以外の略喪服 のことをいいます。

「平服で構わない」とは「略喪服で来てください」という意味であり、 デニムや色物のカジュアルな服装は避けたほうがいい でしょう。

そして 動物の革(皮)から作られたものは着用しない ようにしましょう。

7回忌で服装をレンタルする場合

簡略喪服とは

最近では7回忌で着る服装をレンタルする方が多くなってきています。
レンタルのメリットとしては以下のことが挙げられます。

  • 費用を抑えられる。
  • 体型の変化に対応できる。
  • 管理をしなくてすむ。
  • 場に合わせた礼服を選べる。
  • 小物もレンタルできる。

費用を抑えられる。

喪服や礼服はフルセットで購入すると 5万~10万円ほど かかり、なかなか利用する機会がないため割高となってしまいます。

しかし、ここ数年では礼服のレンタルが充実しており、フルセットが 5000円ほど で借りることができます。

体型の変化に対応できる。

人は誰しも年齢や季節によってある程度体型に変化が出てきます。

また礼服を着る頻度がほかの服と比べて少ないので、なかなか適当サイズで着ることは難しくなってきます。

しかし、レンタルなら体型の変化に合わせて その時その時で適当なサイズを選ぶことができます。

特に女性の方は、妊娠中である場合にはとても有効に利用できると思います。

管理しなくて済む

先ほども言ったように礼服は着る頻度がほかの服と比べて少ないので、管理がとても大切になってきます。

女性の礼服は小物を含めるとかなりの収納スペースを使ってしまうため、レンタルすることによって 収納スペースを有効に活用することができます。

場に合わせた礼服を選べる。

レンタルは何といっても TPO にあわせて着ることができます。

服装は法事・法要ごとに異なるのでその時の法事・法要に適当な服装を選ぶことができます。

小物もレンタルできる。

多くの方がフルセットでレンタルをするため 小物の種類も充実 しており、女性の場合小物も多いのでとても便利です。

レンタルの流れ

  1. 衣服、アクセサリーを選ぶ
  2. 申し込み
  3. お支払い
  4. 商品のお届け
  5. 衣服、アクセサリーのご返却

1.衣服、アクセサリーを選ぶ

自分の体型、法事・法要の種類や色などを考え自分に合った衣服を選びます。

2.申し込み

サイズ、種類を確かめ回忌日から余裕をもって申し込みをするようにしましょう。

3.お支払い

企業によっては キャンセル料 もかかるので自分が借りるものをしっかりと確認してからお支払いをしましょう。

4.商品のお届け

商品が手元に届いたら、 必ず試着 してみましょう。
当日に初めて着ると、サイズなどが違ったりする場合がありますので注意しましょう。

5.衣服、アクセサリーの返却

企業によってはクリーニングが不要なとこもありますので、費用を抑えることができます。

もっと喪服レンタルについて詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

7回忌の服装と注意点

今回お伝えしたいのは以下の通りです。

  • 故人が亡くなった年を含めて7年目に行う法事・法要のこと。
  • 服装は平服で良いが、動物の革(皮)から作られていないものを選ぶ。
  • 子供も基本は平服または制服だが、ない場合は地味で暗めなシンプルな服装が好ましい。
  • アクセサリーは目立つものを避け、一連のパールなどにする。
  • 家族や身内だけであっても法要の場にあった服装をする。
  • 礼服のレンタルもあり、費用を抑えられる。
  • 身内であってもマナーは守る。

7回忌はお葬式ほどの厳格なマナーはありませんが、 法要の場にあった服装 を心がけましょう。
また服装だけではなく、小物や髪形などにも注意しましょう。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部