みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

危篤状態とは?連絡の範囲・方法まで!お見舞いの仕方も解説

危篤状態とは?連絡の範囲・方法まで!お見舞いの仕方も解説

危篤状態とは病気や症状により回復の見込みがあまりない状態のことを言います。
つまり、死を目の前にしている危険な状態です。

しかし、家族や親族が突然危篤状態に陥った際には適切な対応ができるでしょうか?
今回の記事では、危篤を知らせる範囲や方法、お見舞いの仕方も詳しく説明していきます。

この記事で解決される疑問

  • 危篤状態とは?

  • 危篤状態になった場合の連絡は?

  • 危篤状態の本人や親族にかける言葉は?

  • ❓ 危篤状態になった時の連絡する際の順番は?

    父母、配偶者、子供等、基本的に近しい親族から送るようにして下さい。詳しい内容に関してはこちらをご覧ください。

  • ❓ 危篤状態となった事を連絡する際はどのように行う?

    電話での連絡を優先的に行って下さい。その後はメールやSNS等を用いて行うようにして下さい。詳しい内容に関してはこちらをご覧ください。

  • ❓ キリスト教における危篤状態の対応は?

    カトリックの場合は所属協会の神父を呼び、プロテスタントの場合は所属協会の牧師を呼びます。詳しい内容に関してはこちらをご覧ください。

  • ❓ 危篤状態の際に遺族側が考えた方がよい事は?

    心理的にとても辛く行うのは厳しい事ですが、危篤状態の後、危篤者が無くなり、故人となった後は死亡診断書の提出など葬儀までの段取りを担う必要があります。葬儀社の方のサポートも受けながら、協力して行った方が良いでしょう。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部