みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

【アンケート】香典の渡し方に自信がない人は9割!タイミングやかける言葉を解説

【アンケート】香典の渡し方に自信がない人は9割!タイミングやかける言葉を解説

香典の渡し方は、誰かに教わることではありませんので、いざとなるとどういったマナーがあるのかわからないという方もいるかもしれません。

また、香典を渡す際に、受付に挨拶をし、記名し、お供え物を渡したりと厳かな雰囲気の中でやるべきことが多い状況です。
実際に葬式や告別式などの法要に参加するにあたって失礼のないように準備しておくようにしましょう。

この記事では、香典の渡し方に関する100人以上を対象にアンケートを踏まえ、香典の渡し方について説明していきます。

  • ❓ 渡す香典のマナーは?

    新札は折り目を付けてから中袋に包む必要があります。また、表書きは御霊前と書きますが、キリスト教ではお花料・神道では御神前などと記載します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 香典の渡し方の流れは?

    袱紗から香典を取り出し、挨拶をしながら受付に渡します。芳名帳に記帳し、お供え物がある場合は渡します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 香典の渡し方の挨拶のマナーは?

    お悔やみ申し上げます、と簡潔に述べます。重ね重ねなどの忌み言葉は避けます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 香典の郵送での渡し方は?

    現金書留の封筒に不祝儀袋を入れて郵送します。また、お悔やみの言葉を手紙に書いて同封します。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部