みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
お墓・霊園

【ご住職監修】49日(四十九日)に納骨する準備・流れは?納骨しない場合も解説

【ご住職監修】49日(四十九日)に納骨する準備・流れは?納骨しない場合も解説

49日(四十九日)がどのような意味を持つか、皆さんはご存知ですか。

残された遺族にとって、葬儀からの49日(四十九日)間は、慌ただしくあっという間に感じるかもしれませんが、仏教においては、とても重要な意味を持ちます。

ここでは、49日(四十九日)にまつわる様々なことを紹介しています。

ぜひ、それを知った上で、大切な人の49日(四十九日)を迎えてみてください。

  • ❓ 49日に納骨しない場合はいつ納骨する?

    49日に納骨しない場合には、1周忌に納骨を行う場合が多いです。お墓選びをゆっくり選びやすいという利点もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 49日に納骨しない場合後で必要な準備はどんなもの?

    日時・場所の決定や参列者への連絡などが必要になります。また、お布施なども用意する必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 49日の法要ではなぜ納骨を同時に行うの?

    昔は49日までは魂がさまよっている状態と考えられていたためです。また、親族が揃っている状態で納骨できる利便性も理由となっています。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 49日に納骨しない場合法要が終わったら何をする?

    法要後納骨しない場合はお斎を繰り上げて行います。挨拶や献杯・黙とうを行うのがポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部