みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

お供え物ののしのマナー!内のしと外のしどちら?表書きの書き方も

お供え物ののしのマナー!内のしと外のしどちら?表書きの書き方も

お通夜や葬儀などの弔事のお供え物にどののし紙を掛けたら良いのかの判断はむずかしいと考えている人も多いでしょう。

そもそものし紙とは何か?ということやのし紙のかけ方、水引(みずひき)の選び方や表書きの書き方などについて解説します。

お供え物の選び方やオススメなども一緒に紹介していますので、最後までおよみいただければ幸いです。

  • ❓ お供えののし紙の選び方は?

    結び切りの水引を選ぶことが大切です。また、法要の種類によって書く字が変わるのもポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お供えののし紙、内のしと外のしの使い分けは?

    内のしは郵送で送る場合に、外のしは直接渡す場合におすすめです。内のしは壊れにくく、外のしは見た目がわかりやすいのがポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お供えののしの表書きは?

    表書きの上半分にはお供と書きます。また、下半分にはフルネームで名前を記載します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ お供えのおすすめはどんなもの?

    お供えは、日持ちするお菓子がおすすめです。また、小分けになっていることも重要なポイントです。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部