みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
仏壇

【アンケート】初盆・新盆の香典の金額相場!香典袋の書き方や渡し方も解説

【アンケート】初盆・新盆の香典の金額相場!香典袋の書き方や渡し方も解説

初盆とは、49日が過ぎてから最初のお盆のことです。
初盆と普通のお盆の違いをご存知ですか?

実は初盆と普通のお盆とでは、意味や法要内容が異なります。
この記事では、初盆・新盆の香典に関する100名以上の方を対象としたアンケートも踏まえながら詳しく解説していきます。

この記事で解決される疑問

  • 初盆に香典は必要?

  • 初盆の香典の相場価格は?

  • 初盆の香典の表面の書き方

  • 初盆の香典書きに使用するペンは?

  • 初盆の香典に入れるお金の注意点は?

  • ❓ 初盆の香典袋に入れる金額は?

    相場は5000円から1万円です。故人との関係や、個人で出すか夫婦で出すかなどによって増減します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 初盆の香典袋の選び方は?

    黒白の水引の袋を選び、関西では黄白の水引を選びます。また、包む金額によって適した香典袋のデザインが変わります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 初盆の香典袋の表書きの書き方は?

    表書きとして御仏前と書き、氏名はフルネームで記載します。また夫婦の場合は連名で書き、いずれも濃い墨で記載します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 初盆の香典袋の渡し方は?

    香典は袱紗から取り出し、挨拶をしながら渡します。芳名帳に記入をしたら、お供え物も同時に渡します。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部