みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

一周忌の挨拶の例文を喪主・参列者、手紙、タイミング別に解説

一周忌の挨拶の例文を喪主・参列者、手紙、タイミング別に解説

一周忌の法事・法要では、挨拶は欠かせないものです。厳格な雰囲気の法事・法要で、何を言っていいのかわからない、という方も多いかと思います。

遺族側、参列者側に分けてお互いに失礼のない挨拶を、例文を用いて、全体の流れを通して説明していきます。

この記事で解決される疑問

  • 一周忌の挨拶の例文は?

  • 一周忌法要で喪主が挨拶するタイミングは?

  • 一周忌法要で参列者が挨拶するタイミングは?

  • 一周忌の挨拶のマナーは?

  • ❓ 一周忌の喪主の挨拶のタイミングは?

    喪主は一周忌の開始と終了の段階で挨拶を行います。他にも献杯やお斎の開始終了の挨拶を取り行う事があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 一周忌のお布施を渡す際の挨拶のタイミングは?

    お布施を一周忌で僧侶の方に渡す際には、僧侶の方が帰宅なさるよりも前に渡します。お布施は袱紗などに包んで渡すようにして下さい。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 一周忌で参列者が香典を手渡すときの挨拶は?

    「心ばかりですが、仏前にお供え下さい」と一言付け加えて渡しましょう。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 手紙で一周忌の挨拶を行う際の書き方は?

    手紙は基本的にお悔やみの言葉、法要に参列できない事へのお詫び、故人の思い出と冥福を祈る言葉、遺族に対する気遣い、結びの言葉の順に書きます。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部