みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

49日まで(忌中)の過ごし方!忌日法要や追善供養、避けるべきことも

49日まで(忌中)の過ごし方!忌日法要や追善供養、避けるべきことも

人は亡くなるとすぐに極楽浄土へ行くことができると言うわけではなく、49日を過ぎて初めて死後の行き先がわかります。
そして、その49日が忌明けとされていて、当日には僧侶をお招きするなどして法要が行われます。

では、それまでの間はどのように過ごせば良いのでしょうか。
こちらの記事では、忌中の過ごし方について細かく解説していきます。

この記事の結論

  • 49日までは忌中になるため、正月のお祝いや結婚式などの慶事、神社への参拝は避けます。

  • 49日までは毎日お水と線香を祭壇に捧げます。また49日法要への準備も進めながら過ごします。

  • ❓ 49日までの過ごし方で必要になる法要は?

    7日ごとに忌日法要を行います。49日までに合計で6回法要が行われます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 49日までの過ごし方で行うべき準備は?

    49日に向けて日程や会場を決めるといった準備をします。また、案内状などの作成も必要な準備です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 49日までの過ごし方の注意点は?

    正月の祝いごとや、神社への参拝は避ける必要があります。また、結婚式や祭りへの参加も行わないようにします。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 49日後の喪中の過ごし方で避けた方が良いことは何?

    喪中の結婚式や旅行などは避けた方が良いことです。また、年賀状も喪中はがきで代用します。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部