みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
仏壇

初盆見舞いの時期はいつ?金額相場や表書き、マナー、服装も解説

初盆見舞いの時期はいつ?金額相場や表書き、マナー、服装も解説

初盆見舞いは、初盆の供養に参列する方や、故人の方の自宅に焼香へ訪れる際に人々が遺族の方たちに渡すお供え物や香典の事をさします。この記事では初盆見舞いを贈る時期から、金銭相場、封筒や品物を包むのしの表書きの書き方、服装などについても解説を行ってきます。

この記事で解決される疑問

  • 初盆見舞いとはどんな意味?

  • 初盆見舞いの相場はいくら?

  • 初盆見舞いの香典の注意点は?

  • 初盆見舞いのお供えは?

  • ❓ 初盆見舞いとは?

    故人が亡くなってから初めてのお盆の時期に持参する香典・お供えを指す言葉です。手渡しをするのが一般的ですが、郵送を利用可能です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 初盆見舞いの相場は?

    相場は3000円から2万円です。故人との関係や会食の有無によって増減します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 初盆見舞いに適したお供えものは?

    お線香・ろうそく・供花・菓子折り・飲料水が適しています。また、故人が好んでいたものを選ぶこともできます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 初盆見舞いに備えて準備することは?

    初盆を行う時期や日程を調整し、僧侶や会食の手配をします。また、案内状を送りお返しの準備や飾り付けをします。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部