みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
仏壇

初盆の挨拶を喪主・参列者別に解説!例文のポイントや挨拶状も

初盆の挨拶を喪主・参列者別に解説!例文のポイントや挨拶状も

初盆(はつぼん)とはどのようなものか知っていますか?
初盆とは、故人が死亡した後、四十九日の法要を過ぎてから初めてのお盆のことを指します。
違う言葉では、新盆(にいぼん)とも呼ばれます。
この記事では、初盆の挨拶について立場別で見ていきます。

この記事で解決される疑問

  • 初盆の喪主の挨拶は?

  • 参列者の挨拶は?

  • 初盆の挨拶状は必要?

  • ❓ 初盆の喪主側の挨拶の注意点は?

    参列してもらったことの感謝・故人との思い出を述べます。また、今後について述べ、もう一度感謝の言葉を伝えて締めます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 参列者の初盆での挨拶の注意点は?

    喪主の方に対して労いの言葉をかけ挨拶します。また、故人との思い出と共に故人との関係について言及します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 初盆の挨拶状に書くことは?

    いつどこで行うのか記載し、会食を行う場合は出席の有無を返信するよう書きます。返信先や期日を最後に記載します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 初盆で準備することは?

    盆棚・精霊馬・提灯を用意します。それぞれご先祖様を迎えるために重要です。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部