みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

35日(三十五日)法要とは?流れ・服装!案内状や挨拶、お布施も

35日(三十五日)法要とは?流れ・服装!案内状や挨拶、お布施も

35日(三十五日)法要とは故人が亡くなってから35日目に行う法要のことです。

ところが四十九日法要ほどには有名ではありません。
では、故人の命日から35日目に法要を行うのにはどのような意味があるのでしょうか。

今回の記事では、35日法要の意義から、流れ、服装、香典返しまで、あまり知られていない35日法要について色々と紹介します。
ぜひ参考にしてください。

この記事で解決される疑問

  • 35日法要とは?

  • 35日法要の服装は?

  • 35日法要の香典の相場は?

  • 35日法要のお布施の相場は?

  • ❓ 35日法要の服装でふさわしいものは?

    遺族の場合は喪服を、参列者の場合は略式喪服を用いるようにします。アクセサリーはパールのみを用います。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 35日法要のお布施の相場は?

    お布施の相場は、3万円から5万円となっています。また、僧侶にはお車代や御膳料を渡すことも多いです。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 35日法要の香典の相場はいくら?

    香典の相場は5000円から1万円です。会食に参加する場合はより多めに包むことも大切です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 35日法要の香典返しにおすすめなものは?

    お茶やお菓子・タオルや洗剤などの生活用品が消えものとしておすすめです。また、カタログギフトで相手に選んでもらうという方法もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部