みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
仏壇

しめ縄につける紙垂とは?形の意味・紙の種類・作り方も解説!

しめ縄につける紙垂とは?形の意味・紙の種類・作り方も解説!

紙垂(しで)とはどのようなものか知っていますか?
紙垂とは、しめ縄や玉串などに付けられている特殊な形で垂らされている紙のことを指します。
紙垂はつけるものにより役割や意味が異なります。
この記事では、しめ縄につける紙垂について詳しく見ていきます。

この記事の結論

  • しめ縄の紙は紙垂と言い、神の領域と人の領域を分ける働きがあります。しめ縄に付いている垂れ下がった紙を指します。

  • 紙垂は半紙を折り畳んで作ります。また、4本付けるのが一般的です。通販などで購入することも可能です。

  • ❓ しめ縄につける紙垂とは?

    紙垂は、しめ縄に付けられた紙を指す言葉です。雷の形を象っていて、豊作を願う意味があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ しめ縄の紙垂とはどんな意味?

    紙垂には、神聖な場所との境界線として区切る意味合いがあります。名前の通り垂れさがった形の紙であることが特徴的です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ しめ縄の紙には何を使う?

    昔は木綿という繊維を使っていましたが、現在は和紙や半紙が使われています。防水加工された紙を使っている場合もあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 紙の付いたしめ縄はどこで買える?

    仏具店などで購入できます。また、ECサイトなどで取り扱いがあることもあります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部