みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

戒名例を有名人10人で紹介!よく使用される・タブーの漢字例も

戒名例を有名人10人で紹介!よく使用される・タブーの漢字例も

亡くなった人に授けられる戒名。
そもそも戒名とはどのようなものか、どのような漢字がよく使用されているのか気になりますよね。

本記事では、10人の著名人を例にして解説したいと思います。
宗教ごとに何が多く使われているのか、使ってはいけないタブーの漢字や戒名には避けるべき漢字なども詳しく解説します。

この記事の結論

  • 戒名の構成の例は院号・道号・戒名・位号で、位号では居士・信士などと表記します。樋口一葉の戒名は知相院釈妙葉信女となっています。

  • ❓ 戒名の構造の例は?

    戒名は院号・道号・戒名・位号の順番で構成されています。それぞれお寺に貢献をした・仏教の道を極めたなどの意味を持ちます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 戒名の宗教ごとにどのように違う?

    浄土宗では誉号として誉という漢字がよく用いられ、真言宗では開祖の空海の漢字が使われます。また、日蓮宗では日と警察なら護など、職業のイメージを表す漢字が用いられます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 戒名で避けるべき漢字は?

    動物を表す漢字や殺などの悪いイメージがある漢字は避けます。また、宗派の本山となる本願寺などの漢字は避けることがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 神道だと戒名はどうなる?

    神道では戒名ではなく諡と称し、おくりなと読みます。性別や年齢によって変わり、老年の男性は翁という漢字が使われます。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部