みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

供花料とは?相場や書き方、渡し方を解説!御花料の違いも

供花料とは?相場や書き方、渡し方を解説!御花料の違いも

供花料について皆さん、ご存知でしょうか。
葬儀の際に渡すお金のことです。

「香典とは違うの?」と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。
香典とは明確な違いがあります。

今回は、供花料の意味や渡し方、気になる相場などを紹介します。

この記事で解決される疑問

  • 供花料とはどんなもの?

  • 供花料の相場は?

  • 供花料の封筒のマナーは?

  • 供花料の渡し方は?

  • ❓ 供花料とは?

    供花の代わりにお渡しする現金を指します。また、香典を渡せなかった場合に後日送る場合も同じ表記です。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 供花料の金額相場は?

    供花の代金としてお渡しする場合1万円から2万円です。香典の代わりとして用意する場合5000円から10万円で、故人との関係によって変わります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 供花料の表書きの書き方は?

    お花代と書き、水引の下側には名前をフルネームで記載します。49回忌までに渡す場合薄墨を使用します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 供花料とお花料の違いは?

    供花料は仏教で用いられ封筒にはお花代と書きます。しかし、お花料はキリスト教における香典を指すという違いがあります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部