みんなの終活 | 今知りたいライフエンディングのこと
葬儀

仮通夜とは?内容や服装、香典は必要?挨拶や「寝ずの番」も解説

仮通夜とは?内容や服装、香典は必要?挨拶や「寝ずの番」も解説

仮通夜とはどのようなものか知っていますか?
仮通夜とは、故人が死亡した夜に親族や近親者のみでご遺体を一夜見守ってご遺体と一緒に夜を明かすことを言います。
この記事では、仮通夜の際の服装や香典などに関して詳しくみていきます。

  • ❓ 仮通夜とはどんな意味?

    通夜を2日に渡って行う場合、本通夜ではない方を指して使う言葉です。自宅で開くという特徴があります。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 仮通夜の香典の相場は?

    相場は1万円から10万円と幅があります。仮通夜では本通夜の代わりとして香典を持っていくことができます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 仮通夜の寝ずの番とは?

    夜通し交代で寝ずに故人を見守った風習から来ている言葉です。火が長く続く線香を使うことで寝ていても火災の懸念を防ぐことができます。詳しくはこちらをご覧ください。

  • ❓ 仮通夜などでのお線香のあげ方は?

    仏壇の前で一礼し、ろうそくを付けてお線香を上げます。合唱してから一礼し、下がるという流れになります。詳しくはこちらをご覧ください。

みん終編集部

みん終編集部です! みんなの終活ドットコムでは、終活・ライフエンディング、葬儀のマナーやお墓選びなど、終活の知りたいに答えます!

minnshu.com
みん終編集部